ロゴ

どの職種に就きたいか考えよう

仕事は、漠然と探しても思うようなものが見つかりません。まずは、どの職種に就きたいのかをよく考えてから、労働条件などを絞っていくと良いでしょう。長く働き続けるには、給料面だけではなく、仕事との相性も大切です。

人気のある職種BEST3

履歴書
no.1

気楽に働けるドライバー

仕事をするうえで最も大変なことの一つに、人間関係があります。仕事はできても、コミュニケーションがうまく取れなければ出世は望めません。ドライバーは一人で行う作業が多く、気楽に働けると人気の高い職種です。また、寮が完備されている会社も多く、安定して働きやすい環境が整っています。

no.2

口が達者ならコールセンター

コールセンターは時給が高い職種の一つであり、口が達者な人なら歩合制のボーナスでたくさん稼ぐことも可能です。多くの場合3交代制のシフトとなっており、夜勤もあるので、昼の仕事と兼業している人も多いようです。初心者でも、やる気さえあれば働ける仕事です。

no.3

需要の多い建築関係の仕事

建築関係といっても職種は様々ですが、給料も良く、やりがいのある仕事として数えられています。建築工事や土木工事、内装リフォームなど、体を使って行う仕事は資格がなくても働きやすいのが特徴です。国家資格を所有していると、好条件での就職が可能になります。

自分に合った求人情報を見つけるコツ

自分に合った求人情報を見つけるには、お金、休み、環境のどれをプライオリティに持って来るのか、自分の中でしっかり把握していることが大切です。また、業種を絞り求人を探すと、目当てとする求人情報をより多く手に入れられます。

求人を探す際に確認しておきたい条件

女の人

給料及び給料以外の手当

給料の額は働くモチベーションとなるので大切なのはもちろんの事、交通費や資格手当、住宅手当があるのかも確認しましょう。

勤務形態と休暇の確認

完全週休二日制であるのか、フレックスタイムが採用されているのか、女性なら産休や育休はあるのかなどの確認が必要です。

福利厚生や保険の有無

労災保険や雇用保険、健康保険、厚生年金保険などはあるのか、退職金が貰えるのかもチェックしましょう。

契約社員なら契約期間

契約社員としての求人は、更新の上限が最高何年までなのか、正社員になれる可能性があるのかなども確認しておきましょう。

寮付き求人も探すことが可能!たくさんの求人情報を見る方法

JOB

専門サイトなら求人情報が豊富

自分が求める仕事を探すには、コールセンターやドライバーなど、なりたい職種の専門サイトで見つけるのがベストです。求人情報が豊富で、より希望に沿う会社を見つけやすくなります。条件においても、寮が完備しているのか、初任給はいくらなのかなど比較もしやすく、ピンポイントで選ぶことが可能です。また、専門サイトではそれぞれの職種に関する豆知識が記載されていることも多く、どんな資格を保有していると有利なのかなども知ることができます。

[PR]
貿易職には英語が欠かせない!
就職前に基礎知識を勉強しよう

広告募集中